【黒い砂漠ハウジング】基本情報まとめ&候補地探し

2018年10月14日【黒い砂漠】お役立ちメモ

はじめに

そろそろ本格的にUltima Online(略称:UO)のように自分の家を手に入れようと思い…物件を探したいと思います。UOは2Dの古いゲームなのでビジュアルはかなりレトロですが、土地を探して間取りを含めて自作できて、最終的に店員を置いてユーザー相手にショップ経営もできたりとなかなか魅力です。FF14、黒い砂漠はもちろん家が持てるMMOはかなり増えたけどわりとオンリーワンな部分はまだまだあります。

ドット絵を重ねて内装をするのはなかなかに楽しいので、お暇な方でハウジングとか好きな人はよろしければこちらも…。(ただしUOで家を持つには月額課金が必須です…)

以下本題!

今回は黒い砂漠の「住居についての概要」と今回住居地として検討した3つの街についての紹介と最終的に決定した「グラナ」についてまとめていきます。

DMM版なんかも出たので、初心者の人とかマイハウスを持ちたい仲間の人がいたらぜひお付き合いください。

黒い砂漠のハウジングは無料で利用可能

黒い砂漠の住居は土地探しからする必要はなく、街や村はもちろん地域によっては農場などで借りることが可能な物件として存在しています。

スタート地点の村「オルビア村」を例にすると、上の画像のようにマップに表示される家マークがすべて借りることが可能な物件です。

この物件は、ゲーム内の貢献度というポイントを消費することで誰でも無料で借りることができます。貢献度は黒い砂漠では結構重要なパラメーターになるのですが、使っても住宅などを返却すれば戻ってくるものなので、気軽に借りてもそんなに困ることはないかと思います。

物件の用途について

物件は自分が住むのはもちろん、様々な形で活用することができます。

家のアイコンをクリックすると、こんな感じで情報が表示されるのですが…ハウジングとして自分が住む場合は「住居」一択なので左下に表示される「必要貢献度」を支払えば即入居可能です。右下の内部構造(間取り図みたいなもの)を見て興味があれば現地をチェックしてみるといいと思います。

住居として借りる場合はそれで終わりなのですが、物件には住居以外にも、アイテムの製造や労働者の宿泊所にしたりと色々な用途があります。

住居以外の用途は物件毎に決まっています。上の画像の場合ですと、倉庫は2段階(5枠分)。手工芸は2段階まで最大で作成可能。馬の装備品は1段階止まりとなります。

段階が上がるほど良いアイテムが作れると思ってください。なので、その街で武器を作りたい!となった場合は、必然的に武器が作れる工房として一番段階が高い物件を借りる必要が出てきますので、注意が必要です。

とはいえ、この記事は攻略記事ではなくハウジングしたい人(私)の情報整理用ですので、同じようにハウジング>効率・攻略って感じの人なら住みたい家を借りちゃえば良いと思います。ただし注意として住居として一度に借りれる物件数は「最大5」らしいのでご注意を!

基本情報は簡単ですがここまで。早速物件探しをはじめていこうと思います。

ハウジング候補地について

私のほうで考えていた候補地は3つあったので、そこから1つに絞り込みました。

  1. セレンディア領の都市「ハイデル」
  2. ドリガンの首都「ドベンクルン」
  3. カーマスリビアの首都「グラナ」
「ハイデル」割と初期に訪れる街。マップ中央あたりで利便性〇 「ドベンクルン」山岳地帯にあり、ラキアロも周辺に。 「グラナ」黒い砂漠で恐らく断トツで綺麗な街。

今回の候補以外にもオーシャンビューの物件が多くある「エフェリア港町」や砂漠を超えた先にある「首都バレンシア」など魅力的な場所はたくさんあります。ゲームを進めるとマップがどんどん広がり多くの街などに訪れることになるので、これから始める人も闇の精霊(相棒)と二人で地域を巡るだけでもかなり楽しめると思います!

候補地①:ハイデル

候補地に選んだ3都市はどれも魅力的なエリアで、とくにハイデルは拠点として長く暮らしているので愛着も結構あったりします。

ただ、ハイデルは長く住んでいて感じているのですが、良くも悪くもマップの中央にあるので暮らしやすいのですが、言い方を変えると砂漠とかカーマスリビアやドリガンなどの主要な狩場から遠くはないけど、近くもなく…必ず移動が発生してしまっているよなーというのと、内装もしていないただの作業所状態ですが、既に住居として1箇所借りていることもあり、候補地からは除外しました。

※このメインストリートの雰囲気が大好きです。

候補地②:ドベンクルン

次はドベンクルンです。軽く物件を下見して回ってみたところ、ドベンクルンの住居は2階建て以上の建物やテラスが充実しており、山岳地帯特有の見晴らしの良さもありかなり魅力でした。

それでも今回除外することにした最大の理由が…これはドベンクルンだけに限った話ではないのですが、私のメインキャラのジャイアントでは背が高すぎて暮らせない家が結構多いです。

具体的に見せると以下の画像がわかりやすいかもしれないです。左がぶらぶらするだけのリトルサマナー(LS)の場合。左が同じぐらいの位置に立たせたメインキャラであるジャイアントの場合です。これジャイアントをすごいアップにしていると思われるかもしれませんが…一番引いた状態です。

たぶんカメラの位置が後方から見下ろす形なので、背が高いジャイアントだと、天井があることで近くなってしまうんんじゃないかなーと思っています。照明置いたらカメラとか下を通ると急にズームになったりと結構不便なんですよね…。

そして、残念なことにドベンクルンの家はざっと見た限り全ての家がやや低い天井になってしまい、この条件に該当してしまうようなので、あきらめることにしました。

だって私ジャイですし。しょうがないよね。

※雰囲気出ててステキ。天井が高ければ…

候補地③:グラナ

そんなこんなで住むことを決めた本命のグラナです。

最大の特徴はキレイな街並みです。下の画像を見てください!放置釣りですらうっとりするクオリティです。

ただし…その代償ともいえるのかもしれませんが、とっても必要貢献度がお高いです。ほとんどの物件が必要貢献度「11」ですよ!レベル60にも満たない私には正直高すぎます。

それでもここに決めた理由は…ここ多いんですよ。本当に。かなり多いんです。天井が高い物件が!!!

建物の作りもあって、三角屋根が多いからだと思うんですけど、画像のようにジャイアントでも頭上を気にしなくて良い縦の空間の広さ…最高です。

あとは、18年10月現在はドリガンがまさにアップデート最中なのですが、わりとルート的にアクセスしやすく、うちの馬で自操作なら数分でドベンクルン入れるのも魅力。ちょっと走りにくい道だけど景色も最高。今度撮影してみよう。

とりあえず…グラナ。ここを拠点にすべく明日から徐々に進めていくことにします。

※カメラに写ってないけど白い巨大樹なんかもあります。

あとがき

意外とこうやって書いていると貢献度どうしようとか整理できてよかったです。次回はグラナの物件を巡って記事を書いてみようと思っているので、のんびり狩りとかの合間に放置釣りしながら更新しようと思います。

下記の1番地~順番に巡る予定だったりするので、よければお付き合いください。ありがとうございました。