【黒い砂漠】グラナからの箱貿易のメモ (これから箱貿易する人や箱貿易を知らない人向け)

2019年1月13日【黒い砂漠】育成・収益・雑記

たまには…本当にたまにはというか久しぶりですが、ハウジング以外の記事です。素直に釣りやってろ自分!って気もしますがグラナに住居をかまえたのでもちろん?箱貿易の記事です!

箱貿易とは

黒い砂漠を遊んでいる人なら説明するまでもないし詳しいサイトもたくさんあるので簡単に…。

正式名称ではないのですが、箱貿易という名前からも察しがつくかもしれませんが、箱を貿易品として運ぶ金策です。もう少しだけ詳しく記載すると

  1. 資材(木材や鉱石)を採取や労働者で集めたり、取引所で購入するなどして集める。
  2. 集めた資材を合板や金属の塊(梱包できるできないがあるので注意)
  3. 街で材料にあった加工所を借りる
  4. 労働者に1~2で用意した物品を貿易品として「箱詰め」してもらう。
  5. 船などの輸送(安全で経費かかる)か自力(経費かからないが事故や襲撃の危険有)で運ぶ
  6. 希望の場所まで運んで貿易商に売却。

以上が基本的な流れです。ちょっと面倒に思われるかと思いますが…慣れればそうでもないです。2018年の夏ぐらい以降からこの記事を書いている2019年1月までの間は、釣りがなかなか儲かるため箱貿易している人は結構減ったんじゃないかな?と思ってたりもします。

箱貿易をするなら必須!貿易バフ!

黒い砂漠は、町から町へ貿易品を運ぶだけでもよほど変な品などを運ばない限りお金は増えていきますが、これを大幅に増やしてくれる「貿易バフ」というものがあります。

貿易バフは職人1以上(効果が高いほうが職人2以上らしい)なので、少し上げるのが面倒ですが、ベリアとハイデルをアニメや漫画を見ながら往復していれば気づけば達成できます。また、貿易レベルを上げるだけではなく、専用のクエストをクリアする必要があります。これも少し面倒ですが…

バレンシアへの貿易に限定されますが、50%(職人1~)、100%(職人2~)売却価格UPのバフがつきますので箱貿易をしようと思うとほぼ必須といえます。詳しい方法など機会があれば記事にしようと思うのですが、既に

丁寧にまとめられているサイトも多くあるのでぜひ検索してみてください。

早速貿易開始! グラナ⇒バレンシアのルート&今回の貿易品

今回はメインキャラの住居があるグラナからの貿易です。

貿易はどこから運んでも良いのですが、2019年1月現在は加工所が設置できる街などで最も目的地のバレンシアから離れているのはグラナになります。貿易は距離が遠いほどボーナスがつきます。製作する箱については相場も固定のため…とにかく遠くからバレンシアへ大量に輸送するほど高く売れます。

グラナから貿易品を輸送するのは結構面倒ですし費用もかかりますので、今回は陸路でバレンシアを目指します!上の画像が今回利用したルートです。端から端へって感じのルートですね…。

今回運ぶのは「青銅の塊箱」です!作り方は…

  1. 銅鉱石、錫鉱石を加工で加熱する
  2. 溶かしたものを2つ入れて加工で加熱…青銅の塊完成
  3. 青銅の塊とブラックストーンの粉末を倉庫に入れて労働者に箱詰め

簡単に書いちゃうとこんな感じです。必要数などは割愛しちゃっていますのでご注意を!

 

そんな感じで製作する箱を今回は「1116個」用意できました。本当はもっと用意したいのですが労働者が育っていないためグラナのメリットでもある5個製造ではなくのんびり1個づつ製作しています…。もうちょっと材料の在庫が増えたら5個にも挑戦してみようかな!

グラナ⇒バレンシアへの移動にかかった時間

グラナを出た直後に一時的に席を外したりもしたので、参考程度ですが…

  • グラナ出発 23:07
  • ハイデル到着 23:32
  • アルティノ到着 23:39
  • シャカトゥ到着 23:50
  • バレンシア到着 24:04

という感じでした。おおよそ1時間ぐらいかかっていますが、今回荷運びを頑張ってくれた愛馬のステータスはこんな感じ。

装備を見たらわかるように、全然強化できていないです。なのでしっかり強化もすれば結構時間は短縮できるんじゃないかと思っています。陸路なのでやっぱPKは怖いなーと思いつつの移動でした。難所というほどでもありませんが陸路の場合ですと今回は馬&積み替えはしないこともあり、貿易品の破損リスクがあるので砂漠は通らずにシャカトゥなどの北側を通っていきました。そのためガハーズのところですごい回数銃撃を受けます。

とはいえ、素通りしていけば上のステータスでも”NPCの”襲撃は全然余裕です。

旅の思い出

出発直前。馬に積んでいる荷物が重そう…本当は金属のインゴットが10本1セットになった箱が1000個以上なのでこんなもんじゃないはずですが…。

グラナを出発です。

知恵の古木なんかを通りつつ森を抜け

ハイデルの手前ぐらいかな?橋を渡り…

ハイデル超えると徐々に土地が乾燥していっている感じがしますね!

アルティノに到着。ここまででおおよそ30分ぐらい。

ガハーズ入口。この先でハチの巣になりそうなぐらい撃たれながらの移動が続きます。

ガハーズ抜けたらあと少し。渓谷抜けて~

砂漠がちらちら見えてきました。

景観がやはり結構違いますね。岩肌や植物がグラナのほうとはまったく違う趣です。

見えてきました!バレンシアです!お疲れさまでした! ここまででおおよそ1時間の長旅です。とはいえ自分で操作するのはガハーズのところぐらいです。PKリスクは自己責任ですがそこ以外はのんびりスマホでもいじりながら自動移動で大丈夫ですよ!

移動中はギルドの人とお話しながらだったので今回は全然退屈せずに到着しました!嬉しい!

売却結果

貿易商のところについたら私の場合は馬は置いて徒歩で「巡礼者の聖所-分配」へバフを貰って貿易商のところに戻ると貿易バフの残り時間が56分だったので往復10分ぐらいかな?

早速売却します。

今回の交渉相手はこちらです。顔コワイ。

貿易バフをもらった状態で単価95,175でした。

価格交渉の結果…

単価95,175⇒119,920に売却価格が上がりましたので売却します。結果は…

と写真をお見せしたかったのですが、売却結果のところにロゴが被ってしまい判別できず!!!!!

119,920シルバー × 1,116個 = 売上133,830,720シルバー

となったはずです。たぶん!

帰りは砂漠をつっきって帰ったのでたぶん20分~30分で帰れました。

あとがき

釣りが海釣り貿易バフとか組み合わせるといいお金になりますが、なんだかんだ時間の縛りや手間もあります。空いた時間にコツコツ準備できる箱貿易もこれはこれでありなんじゃないかな?と思いますので、オススメです。

私の場合は素材は買わずに今のところは労働者採取で集めておいて、朝会社を出る前に焼き鳥食わせて薪割りさせたりするぐらいで準備をしています。リモートとか便利なツールもありますので、効率重視の方は色々検討できることはありそうです!

次回は久しぶりのバレンシアだったのでいくつか気になっていた住居も見てきましたのでそちらを簡単にまとめようと思います。とはいっても住居5件借りており間取り図なんかはありませんが!!!

お付き合い頂きありがとうございました。